FX

FX業者のDD方式とNDD方式の違いは?Aブック・Bブックの意味も解説。

この記事ではFX業者のDD方式とNDD方式の違いについて解説します。

たぬき
FX業者にはAブックとBブックというのがあるって聞いたんだけど、どういった意味??
顧客からの注文をインターバンクに流すか、流さないかという違いです。
うなぎ
たぬき
インターバンクって何の事?
銀行間取引の事です。LP(リクイディティプロバイダー)とも呼ばれ、Aブックの場合は、FX業者が顧客の注文をそのままLPに流します。
うなぎ
たぬき
なんだか難しいね・・・
この記事ではAブック、Bブックの違いについて詳しく解説していきます。
うなぎ

普段何気なく利用しているFX業者は、FX業者ごとに注文方式が異なるという事をご存知でしたでしょうか。FXのトレードスタイルや自分の状況に合わせてAブックの業者とBブックの業者、どちらを使った方がよいか?などが変わってきます。

Aブック

FX業者が『顧客とインターバンクの間に介入しない』

Bブック

FX会社『顧客とインターバンクの間に介入する』

 

といった大まかな分け方がですが、AブックとBブックの違いからそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

NDD方式(Aブック)とは?

NDD

NDD方式は海外のFX業者が多く採用している注文方式です。

NDD方式とはNo dealing desk(ノーディーリングデスク)の略称で、為替ディーラーを通さずに顧客の注文は直接インターバンクに流されます

NDD方式のFX業者は顧客からの注文をインターバンクに流しているだけなので、主な収入源は顧客が取引時に支払うスプレッドや取引手数料から成り立っています。

ND方式の業者は顧客の注文に関与しないため、顧客とFX業者の利益相反が起きず非常にクリーンな取引方法となっています。

ディーリングデスクを設置していないため、システムで顧客の注文をインターバンクにて最良の価格でマッチングするように努力しています。

顧客の取引回数が増えれば増えるほどNDD方式の業者は利益を上げる事ができるため、「顧客とFX業者の利益が一致している」と言えるでしょう。「勝ちたい」「買って欲しい」という利害が一致しているからです。

 

口座凍結や出金拒否のリスクもNDD業者は低くなります。
うなぎ

 

NDD注文方式にはさらに2つの方式があります。

STP方式

STPは『Straight Through Processing(= ストレート・スルー・プロセッシング)』の略。

名前の通り顧客とインターバンクの参加者を直接つなぐ注文方式です。

FX業者は取引時のスプレッドにFX業者の利益を乗せて顧客に提示します。

ECN方式

ECNは『Electronic Communications Network(=エレクトニック・コミュニケーションズ・ネットワーク)』の略。

ECN方式では参加しているインターバンクなどのリクイディティプロバイダー(LP)同士で直接、売り注文と買い注文をマッチングさせる方式になっています。株式取引をイメージするとわかりやすいかもしれません。

ECN方式を採用しているFX業者にて取引を行うという事は、個人でも金融機関やLPと同じ条件で取引ができるという事です。

ECN方式の場合は、スプレッドは0pips~取引が可能ですが、スプレッドとは別に「取引手数料」をFX業者に支払います。

 

NDD方式(Aブック)のメリットとは?

・レートの信憑性、透明性
・取引条件が無制限
・口座凍結のリスク無し
・高い約定力

NDD方式は取引のマッチングの為替ディーラーが介入する事無く、顧客の注文をインターバンクと直接つないでマッチングさせる方式と説明しました。

FX業者は顧客の取引のスプレッドや取引手数料にて利益を上げるため、顧客に1回でも多くの取引をしてもらうために少しでも良い条件でトレードしてもらおうと、取引環境には力を入れています。

そのため取引条件は無制限で、スキャルピングや超高速取引の自動売買EAなども利用に制限はありません。

FX業者側はポジションを持つことなく、そのままインターバンクに注文を流すため約定力や約定スピードは安定しています。

もちろん利益の出し過ぎで口座が凍結されるリスクや出金拒否なども(一般的に)無いのがNDD方式業者の特徴です。

DD業者のように、

・ストップ狩り
・不利なスリッページ
・故意のレート変更

などを行う事が一切ありません。NDD業者は顧客に不利な取引を提示してもメリットが無いからです。

たぬき
ガチの取引を行い人やプロトレーダーにはNDD業者が向いているかもね!

 

NDD方式(Aブック)のデメリットは?

・トレードコストの高さ
・レバレッジの低さ

NDD業者のメリットはFX業者と顧客が利益相反の関係にならず透明性が高いことですが、その分取引時にかかる手数料やスプレッドが高くなります。

国内のDD業者と比べると海外のNDD業者の方がどうしても取引コストが高くなります。

スプレッドや取引手数料からの収益のみなので、致し方ない事です。

また、Aブックの業者基本的にレバレッジが200倍までです。

海外FXの醍醐味でもあるレバレッジ888倍や1,000倍といったレバレッジをかけた大体なトレードはできないのがデメリットです。

ECN口座と提供しているFX業者は最低取引が0.1ロット(1万通貨)からであったり、初回最低証拠金を高めに設定している場合もあります。

 

トレードで実際に収益をあげている中上級者向けのFX業者と言えるでしょう。
うなぎ

 

DD方式(Bブック)とは?

DD業者

DD方式は国内のFX業者が多く採用している注文方式です。

DD業者はディーリングデスクを設置していて、トレーダーの注文をインターバンクに流すかどうかはDD業者の為替ディーラーが判断します。

つまり、DD業者が一旦すべての注文をDD業者内にで決済します。

簡単に言えば、顧客とDD業者の間で「利益相反の関係」になり、顧客が儲かれば儲かるほどDD業者は損をして、顧客が損をすれば損をするほどDD業者儲かります。

顧客からの注文を一旦決済してから、「この注文はトレーダーが勝ちそうだからインターバンクに流す。」「この注文はトレーダーが負けそうだからインターバンクに流さない(呑む)」といった事を、DD業者内のプロのトレーダーが自己裁量で決定できるからです。

その代わり、顧客とDD業者の間で相対取引となるため低いスプレッドを実現したり、取引手数料が無料になったりという強みがあります。

 

国内のFX業者はほとんどDD方式を採用しています。

そのため、スプレッドが非常に低く取引時にかかる手数料も無料のFX業者がほとんどです。

日本人トレーダーは取引方式をあまり重視しておらず、国内のFX業者はスプレッドの値下げ合戦になったという経緯があるそうです。

 

 

DD方式(Bブック)のメリットは?

・取引コストの安さ
・大口注文の通りやすさ
・ボーナスやキャンペーンの豊富さ

国内DD業者の最大のメリットは取引コストの安さです。

インターバンクに注文を流さずに顧客とDD業者にて相対取引を行うので、取引コストを下げる事ができます。またDD業者ではインターバンクに注文を流さない事もあり、高ロットの注文が通りやすいというメリットがあります。

海外のFX業者に関して言えば、ユーザーを呼び込むためにボーナスなどのキャンペーンをよくやっているという点でしょう。

国内業者の方が安心という考え方の方もいるかもしれません。
うなぎ

DD方式(Bブック)のデメリットは?

・顧客に不利な取引環境がある
・高速スキャルやEAなどの自動売買の禁止
・出金拒否の可能性

DD業者では顧客とDD業者の間での相対取引になるため、顧客が儲かれば儲かるほどDD業者が損をする仕組みになっています。

そのため、

・ストップ狩り
・不利なスリッページ
・故意のレート変更

など、顧客を負けさせようとする行為が無きにしも非ずなのです。

今では金融先物取引業協会の規制が強化され、そうした不正はなくなったはずですが、イギリスがEU離脱を決めた時に国内FX業者のスプレッドが300pips以上になったり、NDD方式を採用している海外FX業者のチャートとDD業者のチャートの形が明らかに異なっているなどの声が多数上がっています。

 

また、DD方式では「高速スキャルやEAなどの自動売買」が禁止されています。

高回転のスキャルピングで1日何千回も注文を入れる取引は、DD業者がインターバンクに注文を入れるスピードが追い付かなくなってしまいます。

そのため顧客が利益を上げれば上げるほど、DD業者は損失を被ってしまうという構図です。

これはEAを利用した自動売買にも言えます。

国内のDD業者はEURUSDやUSDJPYのメジャー通貨は非常に狭いスプレッドにて取引を提供しているため、EAを利用した1日に何万回もの取引を行われて利益を上げられてしまうと損失を出してしまうのです。

そのため規約で高速スキャルの取引を禁止しているDD業者も多いです。

せっかく利益を上げても口座の凍結や出金拒否のリスクがつきまとうため、スキャルピングや高頻度のEAを利用される方はDD業者は利用しない方がよいでしょう。

たぬき
DD業者は透明性に欠けるというデメリットがあるんだね。

 

DD方式とNDD方式のまとめ

この記事ではAブック、Bブックと呼ばれるDD方式とNDD方式について解説しました。

国内のFX業者の多くがDD方式となっており、低いスプレッドを提供していますが、顧客とFX業者の相対取引となっています。

海外のFX業者の多くがNDD方式となっており、スプレッドや手数料がが高い代わりに取引に透明性があります。

〇NDD方式
顧客とFX業者の利益が一致

〇DD方式
顧客とFX業者の利益は相反

といった構図です。

 

Aブックの業者とBブックの業者のどちらを使うのが良いのか?というのは難しい問題です。

スイングトレードであればスプレッドや約定力はあまり気にする必要が無いので、どちらを利用しても構いません。レバレッジをかけて短期間で大きなロットの取引を行いたいスキャルピングが好きな方はBブックのFX業者が利用しやすいです。しかし、利益を出し過ぎると締め出されてしまう可能性もあります。

しかし、スプレッドが広く手数料もかかるAブックに移行するとスキャルのロジックが通用しなくなるかもしれません。

しっかりとトレードで利益を出せるのであればAブックの方が安心感があるかもしれません。

 

以上となります。最後までお読み頂きありがとうございます。

 

海外FX業者のAブックにて1番評価が高いのはTradeview(トレードビュー)です。

Tradeviewの評判については以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
Tradeview(トレードビュー)はスプレッドが狭い海外FX業者!高評判のワケ。

続きを見る

-FX

Copyright© 海外FX会議室 , 2021 All Rights Reserved.