FX

海外FXのメリットとデメリットとは?少ない証拠金でハイレバ取引が可能

この記事では海外FXの仕組みとメリット&デメリットについて解説します。

日本国内にFX会社が多く存在するように、海外にもFX会社がたくさんあります。

国内のFX業者は日本の金融庁の厳しい監督下で営業を行っており、「資金の安全性」という点では最大のメリットがあります。

海外FXは海外の金融ライセンスにて営業を行っておりますが、国内FXよりも魅力的なサービスを提供している点が多数あります。

特に魅力的なのがレバレッジとゼロカット

国内FXの場合は、取引を行うために多くの証拠金が必要です。スイスフランショックなどの相場急変時は追加の証拠金を求められてしまう場合もあります。

一方の海外FXは高いレバレッジの利点から少額で始められて、相場急変時もゼロカットシステムにより最大でも入れた金額しか負けることはありません。

今回の記事では海外FXのメリットとデメリットについて取り上げたいと思います。

たぬき
国内FXで10pips10,000円の利益を上げようと思ったら、数十万円の証拠金が必要だもんね!
海外FXの場合はレバレッジが高いので少ない証拠金でポジション取りができます。しかしリスクももちろんあります。
うなぎ

海外FXの利用は違法じゃないの?

日本人が海外のサービスを「自発的に利用するのは違法ではない」と認識されています。海外FX業者は所在での法律が適用されるからです。一方、海外業者が自社サービスを日本国内で日本人向けに勧誘する事は違法です。

あくまで日本人が自発的に海外FXを利用しているという考え方です。

 

海外FX最大のメリットはレバレッジ

たぬき
国内FXは25倍だよね?海外FXはどれくらいのレバレッジなの?
海外FXは100~1,000倍のレバレッジで取引が可能です。
うなぎ

日本国内のFX業者ではレバレッジが25倍に規制されています。

海外のFX業者ではレバレッジが過度に規制されておらず、500倍や中には1,000倍、2,000倍のレバレッジで取引を行う事ができます。

つまり、国内FXの場合はポジションを建てるのに大きな証拠金を用意しなければなりませんが、海外FXの場合は少ない証拠金で大きなポジションを建てる事が可能なのです。

国内FXで5,000万円分の取引を行おうと思うと、最低でも200万円の証拠金を用意しなければなりません。

10pips変動で5万円の利益を狙おうと思ったら国内FXでは200万円もの証拠金を用意しなければなりませんが、海外FXなら5~10万円程度の証拠金で取引が可能ということです。

中には実際に1~5万円程度の少ない資金を海外FXで1,000万円まで増やした!という方々もいます。

海外FXは少ない資金から始められるため、一攫千金の可能性が国内FXより高くなります。

たぬき
少ない資金でガッツリポジションを取れるのは海外FXの最大の魅力ですね!

 

入れた金額しか負けないゼロカットシステム

「FXで何千万円もの借金を背負った」
「会社のお金を何億円もFXのために横領した」

こういったニュースを聞いてFXに対して怖いイメージを持っている方も多いかもしれません。

しかし、ほとんどの海外FXがゼロカットシステムを採用しており、口座残高がゼロになったら自動的にポジションを決済してくれます。

万が一、相場急変による口座残高がマイナスになっても追加証拠金(おいしょう)を支払う必要はありません。

追証(おいしょう)とは?

口座に預けた金額以上をFXブローカーから請求される事。ポジションを維持するための証拠金が足りなくなった時に求められます。

国内FXも通常は建てているポジションを維持するために追加証拠金を求めて払えない場合はポジションを強制決済します。

しかし、FXの怖いところはスイスフランショックや年末年始のフラッシュクラッシュのように一瞬でレートが一方向に急激に飛んでしまう事があるのです。

それこそ、一瞬で人生が飛んでしまうほどの借金を抱えてしまう可能性もあります。

FXや株の追加証拠金はFXブローカーへの借金という形になるので、一生返し続けなければならなくなります。

 

いっぽうの海外FXは口座残高がマイナスになっても、いくらでもゼロの戻してくれます。

FX取引を行う利用者としては、「万が一の場合でも借金を抱える事がない」という状態は精神衛生的にも安心してトレードが行えます。

たぬき
損失を限定できるのは、気持ち的に楽ですね!

 

NDD方式採用でトレーダーと利害が一致

国内FXと海外FXでは業者の注文方式が異なります。

国内FX「顧客が損をすればするほど、業者が儲かる」
海外FX「顧客が儲かれば儲かるほど、業者も儲かる」

といった仕組みになっています。

国内FXの多くはDD方式を採用しており、顧客の注文をFX業者内でディーラーが処理しています。

DD方式とはディーリングデスクという意味で、顧客の注文をすべて金融機関に流すのではなく、「この注文は通す」「この注文は通さない」とFX業者側で判断をしているのです。

トレーダーの損失分がDD方式FX会社の利益となっています。

 

いっぽう、海外FXの多くはNDD方式(=ノンディーリングデスク)を採用しています。

顧客の注文をそのまま金融機関に通しているため、高い約定力と透明性というメリットがあります。

国内FXのように相場急変時に約定拒否されるといった心配もありません。

その代わり、海外FXは国内FXよりもスプレッドが広かったり、スプレッドの他に注文手数料を取っています。顧客がFX取引にて利益を出せば出すほど、スプレッドや取引手数料にてFX業者が儲かるため、トレーダーとFX会社の利害が一致しているわけです。

 

たぬき
どうして国内と海外だと注文方式が違うの?
国内だとスプレッドの狭さに重点が置かれていて、海外FXだと約定力や透明性に重きが置かれているかもしれませんね。
うなぎ

注意

すべての国内FX会社がDD方式で、すべての海外FX会社がNDD方式というわけではありません。FXの業者選びは慎重に行いたいですね。

 

DD方式やNDD方式は「Aブック」「Bブック」とも表現されています。

DD方式やNDD方式について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
FX業者のDD方式とNDD方式の違いは?Aブック・Bブックの意味も解説。

続きを見る

 

入金ボーナスが豊富

海外FXは入金ボーナスが豊富です。

国内のFXは口座開設時にせいぜい数万円のキャッシュバック程度ですが、海外FXの場合は入金時に100%ボーナスを貰えるなどのメリットがあります。

つまり、2倍の証拠金で取引が行えます。

ハイレバレッジ取引を行いたいと考えているユーザーにとっては魅力的なオプションですね。

入金ボーナスは毎回ではなく初回入金時や、ゲリラ的にキャンペーンのイベントして行われる場合があります。

主にボーナスは「ポイント」や「クレジット」として受け取れる場合がほとんどで、ボーナス分は出金はできませんが証拠金として利用できるという意味です。(※もちろんFX取引で得た利益は全額出金が可能です。)

未入金ボーナス

海外FX業者の中には「未入金ボーナス」を実施しているところもあります。口座開設時に5,000円や3,000円などのクレジットが付与され、クレジットを証拠金として利用できるボーナスの事です。未入金ボーナスを利用して取引した利益は当然、出金が可能です。

たぬき
お試しで取引ができるというのは良いですね。

 

プラットフォームが共通(自動売買の利用が簡単)

海外FXではほとんどの業者でMT4やMT5のプラットフォームを提供しています。

国内FX業者では業者ごとに独自の取引ツールを利用しているので、業者が使えば取引方法も異なりロット単位が異なる事もあります。

海外FXの場合は、いったんMT4/MT5の操作に慣れてしまえば、業者を変えても同じ容量で操作をする事が可能です。

 

また、自動売買ツール(EA)もMT4の形式で多くの開発者が開発していて、多数の販売者がいます。

つまり、どの海外FX業者もMT4形式での取引を提供しているという事は、複数の海外FX業者で自動売買ツールを利用する事ができるという事ですね。

国内FXではシストレが流行っていますが、EAを設置するという手間は省けますが提供数が少ないというデメリットがあります。

 

海外FXの自動売買に関しては、例えばGEMFOREXでは無料で数百種類の自動売買ツール(EA)を利用する事ができます。

世界中で多くの人が利用しているプラットフォームという事は自動売買もそれだけチャンスがあるという事ですね。
うなぎ

 

メリットのまとめ

まとめ

・高レバレッジ
・ゼロカットシステム
・NDD方式
・ボーナス
・プラットフォームが共通、自動売買利用のチャンスが増える

海外FXの最大の魅力は高レバレッジです。

国内FXでは10万円程度の入金では小さいポジションしか建てられないため、1回の取引で数百円~数千円程度の損益の動きしかありません。

国内のFXも黎明期はレバレッジは400倍でしたが、投資家保護という規制のため50倍→25倍へと下げられてしまいました。

それでもゼロカットシステムを採用している国内FXは無いため、スイスフランショックなどの大幅なレート急変時は追加証拠金を払わなければなりません。

海外FXは万が一の場合でもゼロカットシステムが導入するため、「最大でも入金した額しか負けない」という安心があります。

また海外FXの多くはNDD方式を採用しており、顧客とブローカーの利益が相反する事はありません。

そのため入金ボーナスなどのシステムを設けて、顧客に取引してもらう機会を増やしている海外FX業者が多いのです。

 

上記のように海外FXはメリットだらけのように聞こえますが、もちろんデメリットもあります。

次にデメリットを紹介します。

 

スプレッドが広い(手数料がかかる)

海外FX業者で国内FXのような低スプレッドを実現できる業者は正直ありません。

さきほど説明したDD方式やNDD方式の仕組みから国内FXがどうして低スプレッドでの取引を実現できるかおわかりになったかと思います。

ちなみに日本のスプレッドの狭さでは世界でもNo.1レベルです。

それは国内FX業者がスプレッド以外からも顧客の損失によって収益を上げられる仕組みだからです。

国内FXではスプレッドは原則固定で、取引量の多いドル円は0.1~0.3銭程度です。

海外FXのスタンダード口座ではドル円は1.5pipsあたりはかかってしまいます。デイトレやスイング取引にてスプレッド以上の利益を上げられれば問題ありませんが、スキャルピング取引には向いていないでしょう。

海外FXでスキャルピングを行いたい場合は、低スプレッドを実現できる「ECN口座」を利用して別途手数料を支払う方法もあります。

それでもスプレッド(手数料)という点では海外FXは国内FXに勝つことはできません。

たぬき
証拠金がたくさんあって、超短期取引をしたい人は国内FXが向いていますね。

 

資金管理の重要性が増す

海外FX魅力は高レバレッジとゼロカットシステムです。

少ない証拠金で大きなポジションを持つ事ができる反面、より資金管理の重要性が増します。

高レバレッジだからといって、10万円入金していきなり5ロットのポジションを建てれば20pips動いただけで一瞬で全額失ってしまいます。

そういったギャンブルトレードができてしまうのも海外FXのデメリットと言えます。

1回の取引での損失を5%におさえて、20pipsを損切として場合、0.25ロット・・・といった具合で資金管理を徹底して行う必要があるわけです。

トレードで負けたからといって、つい感情的になって高ロットで取り返そうといった事が海外FXだとできてしまうだけに資金管理(感情のコントール)が重要なわけです。

熱くなって高ロット取引を繰り返してしまう方は注意が必要ですね。
うなぎ

 

税金が高い

注意

当ブログの著者は税理士の資格を有していません。税金の話は税理士のみに許されている内容です。以下の内容はあくまで一般的な知識としての話である事をご了承ください。詳しい内容は税理士の先生にお問合せくださいませ。

海外FXで得た利益は「雑所得」に分類されます。

国内FXの場合はどんなに稼いでも税率が20%になっており、分離課税なので他の所得と合算される事はありません。

海外FXの場合は年間で20万円を越える場合は、確定申告が必要でその他の所得と合算して申告しなければなりません。

海外FXでバリバリ稼いでいる場合は累進課税で税金も高くなってしまうため、注意が必要ですね。

たぬき
海外FXで練習しながら資金を貯めて、国内FXに切り替えていくトレーダーも多いそうです。

 

詐欺業者もある

海外FXの中には残念ながら詐欺的な業者もあります。

海外にてライセンスを取得しているから100%安全というわけではありません。小さな国で比較的緩く審査でFXのライセンスを取得している業者もあります。

利益を出しすぎると出金拒否されたり、口座が凍結されたりするケースがあります。

海外FX業者は毎年のように新しい業者が登場して派手なプロモーションを行うので、注意しましょう。

 

一方で多くの日本人ユーザーが長い年数利用していて、日本語対応している海外FX業者もあります。

ユーザー数、出金の実績など安全な海外FX業者を選んで利用したいところです。

利用実績の少ない業者に多額の資金を預けるのは危険です。
うなぎ

 

日本撤退リスクもある

冒頭でも解説しましたが、海外FXの利用は「日本人が自発的に利用している」という前提で運営されています。

海外FXを利用する事自体は海外のサービスを利用するだけなので、違法ではありません。しかし、海外の企業が日本国内で日本人向けに金融サービスの勧誘をする事は違法となっています。

ビットコインのFX取引をやられている方なら2020年6月現在、記憶に新しいかと思いますが、

バイナンスが日本の金融庁から警告を出されたり、FX取引で有名なBitMEXが日本人ユーザーの締め出しを行ったりしています。これは日本の暗号資産に対する法律が厳しくなったためです。

このように日本の金融庁次第で海外FX業者は日本人はお断り!となってしまう可能性もゼロではありません。

 

他にもXMやGEMFOREXは日本語対応をしていますが、日本語対応ができるスタッフを常時雇用しなくてはなりません。

日本人ユーザーがたくさんいれば採算は取れますが、そうでなくては日本語対応をするコストに見合わずサービスを終了してしまう事もあるそうです。

 

最近の例では、2020年3月31日に海外FX業者のTickmill(ティックミル)が日本から撤退しました。

Tickmillはイギリスにて金融ライセンスを保有していて2015年から日本語対応をしたのですが、わずか5年ほどで日本人向けサービスを終了となったのです。

Tickmill利用者はポジションを決済して残高を出金するまでに、一定の期間が与えられていました。持ち逃げといったような事は無いので安心です。

 

たぬき
過去にはオーストラリアライセンスの企業が日本撤退した事がありましたね。
わりかし先進国ライセンスのFX業者が撤退していますね。日本の金融庁との兼ね合いがあるのでしょうかね。
うなぎ

 

出金手数料が高い

国内FXでは出金時の手数料を無料にしている所も少なくありません。

海外FXでは銀行送金の場合は「国際送金」になるため、出金手数料が数千円かかってしまいます。これは国内の銀行が海外からの送金を受け取る際に「被仕向け手数料」を顧客に請求するからです。

定期的に利益を出金する場合、毎回数千円の手数料がかかってしまうのは塵も積もれば山となりますね。

解決策としては、外部ウォレットサービスのbitwalletを利用する事です。

ビットウォレット(bitwallet)は無料で利用できるウォレットサービスです。

海外FXを始めるのであれば、bitwalletの口座開設をしておけば、資金移動が非常に楽で便利です。

特に海外FX業者を複数利用する場合は、bitwalletは必須と言えるでしょう。

bitwalletに関しては以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
bitwallet(ビットウォレット)の口座開設方法。海外FXでのメリット・デメリット。

続きを見る

 

デメリットのまとめ

まとめ

・スプレッドが広い(手数料が高い)
・資金管理の重要性
・税金が高い
・日本撤退リスク&詐欺リスク
・出金手数料が高い

海外FXはNDD方式という高い約定力と注文の透明性がある反面、取引を行う際の手数料が高いというデメリットがあります。

また、ハイレバレッジでの取引が可能なため少ない資金で大きなポジションの取引ができてしまいます。そのため熱くなってギャンブルトレードをしてしまうと、口座残高を一瞬で失ってしまうリスクもあるのです。

また海外FX業者は業者の選定が重要です。当ブログで推奨している海外FXはブログの筆者が実際に利用して出金もしている海外FX業者のためご安心ください。

bitwalletは海外FX利用者のマストアイテムだと思いますので、開設をしておいてください。

 

海外FXのメリット・デメリットまとめ

海外FXのメリット・デメリットをご紹介しました。

海外FXの利用にはデメリットもありますが、デメリットを上回るだけの多くのメリットがあります。

ハイレバレッジでの取引が可能というだけでも、海外FXを使う価値はあるかと思います。

 

手持ち資金が数万円~数十万円で始めてみたい!という方は、一度海外FXを利用してみてください。

数百万円~数千万円の資金を用意して取引ができる場合は、国内FXを利用した方が良いでしょう。

-FX

Copyright© 海外FX会議室 , 2021 All Rights Reserved.