FX

MT4とMT5の違いを解説。どっちを使うべきかは裁量トレードかEA導入か。

この記事ではMT4とMT5の違いについて徹底解説します。

海外FXの口座開設をする上で『MT4とMT5どちらを選んだほうがいいの?』と悩まれるかもしれません。

MT5の最新版ではありますが、使い勝手からMT4が主流となっているのが実情です。

この記事ではMT4とMT5の違いを徹底解説しますので、ご自身のトレードスタイルに合わせて比較検討してみてください。

たぬき
結論を言うとMT4とMT5どっちがいいの?
裁量トレードオンリーならMT5です。インジケーターを多用する場合やEA(自動売買)を使う場合はMT4が良いでしょう。
うなぎ

 

MT4とMT5の違い

MT4 MT5
動作スピード 普通 速い
時間足 9種類 21種類
インジケーター 豊富 普通
EA(自動売買) 豊富 少ない
アップデート 少ない 多い
対応業者 ほぼすべての業者 一部の大手業者のみ
メモリ消費量 少ない 多い
注文方法 普通 豊富
板注文 不可 可能
開発言語 MQL4 MQL5

MT5は使いやすさと動作スピードが向上しているため、裁量トレードオンリーの方はお使いの海外FX業者がMT5対応であれば利用してみる価値はあるでしょう。

多くのEAやカスタムインジケーターはまだまだMT4用のMQL4の言語で作られている事がほとんどなので、自動売買の利用を考えている場合はMT4を利用された方がいいでしょう。

では項目別にMT4とMT5の違いを比較していきましょう。

 

動作スピード

MT4とMT5の最大の違いは動作スピードです。

MT4はパソコンのCPUのメモリを消費しない代わりに動作が少し遅いです。

デイトレやスイングトレードであれば、全く問題ありませんが、短時間と注文と決済を繰り返すスキャルピングトレードであればMT4の手動注文はストレスを感じるかもしれません。

またMT4では複数チャートを表示すると動作が非常に重く感じてしまうかもしれないので、監視用と注文用でMT4を分けたほうがいいでしょう。

 

MT5は処理能力が高くサクサクと動きます。

CPUの使用率に関してはMT4よりも高いですが、パソコンのスペックを気にするほどの消費量はありません。

裁量トレードを行っていて複数チャートを表示する場合はMT5にて取引をすると動作の快適さにビックリするでしょう。

見た目もMT4とほとんど変わらないので、特別な操作を覚える必要は無く直感的に利用ができます。

裁量トレードで複雑なインジケーターを使わない場合は、MT4からMT5に切り替える事を検討してみてください。

注意

MT4からMT5に切り替える場合は、例えばXMの場合新たにMT5にて追加口座を作成する必要があります。MT5のプラットフォームをダウンロードしてもそのままMT4にて作成した口座は使えないのでご注意ください。

XMの追加口座の開設方法に関しては以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
XMの追加口座開設方法。禁止されている両建ての注意点も紹介。

続きを見る

 

メモリ消費量

パソコンのメモリの消費量に関してはMT5のほうが多いです。

以下はTradeviewのMT4とXMのMT5のメモリ消費量を比較した画像です。

MT4 → 35.1MB
MT5 → 56.5MB

パソコン全体のスペックに関して言えば、たったの数十MBしか消費しないので、わざわざメモリの多い高性能なパソコンを購入する必要はありません。

他のソフトで動画編集をしたりイラストを描いたりと、同時に複数のアプリを立ち上げて使用しない限りはMT5がメモリを食い過ぎて困るといった事はありません。

MT5のメモリ量は使用してもせいぜい1GB程度です。

通常のスペック(メモリ4GB~16GB)であれば、MT5の動作には全く影響がないと言えます。

わざわざ高性能のパソコンを購入する必要はありません。ノートパソコンでも十分でしょう。
うなぎ

時間足

MT5ではMT4に比べて、さらに12種類の時間足が用意されています。

以前は世界中多くのトレーダーがMT4の時間足を根拠に売買を行っていましたが、現在はTradingviewなどの外部チャートサービスの発展で8時間足や12時間足などを利用しているトレーダーも増えてきました。

他のトレーダーが利用していない足を使って売買ロジックを組み立て優位性を生み出そうという人達もいます。

・MT4の時間足
M1、M5、M15、M30、H1、H4、D1、W1、MN

・MT5の時間足
M1、M2、M3、M4、M5、M6、M10、M12、M15、M20、M30、H1、H2、H3、H4、H6、H8、H12、D1、W1、MN

■細かい時間足を表示する方法

チャートにて右クリック → 「時間足設定」→「分足」or「時間足」にて希望の時間足を選択

 

カスタムインジケーターやEA

カスタムインジケーターやEAに関してはMT4の方が豊富です。

元々、内臓されているインジケーターに関してはMT4が30種類、MT5が38種類と実はMT5の方が豊富です。

しかし、カスタムインジケーターはMT5よりもMT4の方が種類も数も圧倒的に充実しています。

トレード経験が長くなってくるとプログラマーが作成したオリジナルのインジケーターを利用したいと考える人も少なくないでしょう。

カスタムインジケーターとは?

自作のオリジナルインジケーターの事。多くのプログラマーやトレーダーがトレードの優位性を確立するために各種インジケーターを組み合わせたりして、オリジナルのテクニカル指標を活用しています。

たぬき
なぜMT4の方がカスタムインジケーターが豊富なの?
MT4の開発言語MQL4を使っているプログラマーが多いからです。
うなぎ

MT5はMQL5という開発言語を利用しており、未だに多くのプログラマーがMT4用のMQL4言語を利用しているのが実情です。

そのため、独自のカスタムインジケーターを作成して配布している人達などはMT4用のカスタムインジケーターを多く作成しているのです。

 

MQL5は開発言語としての難易度も高いので、MT5が普及しない理由にもなっています。

日本人のプログラマーもMQL4の言語に慣れているため、MT4用のインジケーターが多く作られています。

海外のMQL5.communityというサイトではMT5用のカスタムインジケーターも無料で配布されています。

→ MT5用のカスタムインジケーター一覧

→ MT4用のカスタムインジケーター一覧

 

自動売買(EA)に関してはほぼMT4向けに作られているのが2020年7月の現状です。

 

ユーザビリティ

MT5は裁量トレード向けとお伝えしましたが、MT4よりもユーザビリティ(使いやすさ)が向上しています。

特に気配値ウィンドウに大幅な改善が実装されています。

気配値ウィンドウ

MT4では「銘柄」「詳細」「プライスボード」「ティック」の4メニューが表示できます。

MT4では「通貨ペアリスト」と「ティックチャート」しか表示ができませんでしたが、MT5では「プライスボード」や「詳細」が表示できるようになっています。

特にプライスボードに関してはリアルタイムの価格を複数通貨ペア同時に表示できるので、チャートを切り替えずに価格を確認できます。

短期売買の裁量トレーダーにとっては重宝する機能と言えるでしょう。

プライスボード

登録した通貨をチャートを切り替えずにワンクリックで注文が可能になっています。

上記は日曜日の休場時にキャプチャ画像です。プライスボードではスプレッドやスワップも表示されていて、表示中のチャートを切り替えずにワンクリック注文が可能です。

例えば、GBPJPYのチャートを表示しながらプライスボードでUSDJPYとGBPUSDの価格を監視する事で、USD、GBP、JPYどの通貨が買われたり売られてたりしているかなど瞬時に判断する事が可能なわけです。

GBPJPYのような合成通貨を扱う裁量トレーダーにとってはありがたい機能かもしれません。

たぬき
GBPJPYが動いた時に、わざわざUSDJPYやGBPUSDにチャートを切り替えなくても把握できるという事だね!

ポイント

右クリック→「すべて非表示」を押すと、チャートで開いている通貨ペア以外はすべて非表示にできます。5通貨ペアのチャートを表示している状態で「すべて非表示」を押せば、気配値ウィンドウには5通貨ペアだけ表示されるという事です。

 

詳細

詳細タブでは高値、安値、直近価格が見れます。

MT4もMT5も共通で気配値ウィンドウで右クリックにて高値、安値を表示する事も可能です。

〇MT4の場合
右クリック→「高値/安値」

〇MT5の場合
右クリック→「表示列」→「高値/安値」

MT5では気配値ウィンドウに表示させる事ができる項目がMT4よりも多いです。

 

ナビゲーターウィンドウ

〇MT4

〇MT5

MT4のナビゲーターウィンドウは縦長でごちゃごちゃしていましたが、MT5ではナビゲータウィンドウはスッキリしています。

 

描画ツール

MT5の方がチャートへの描画ツールが多く搭載されています。

MT4では31種類の描画オブジェクトが搭載されていますが、MT5では44種類あります。

すべては紹介しきれないので、裁量トレードにてメインで使う代表的なものだけ紹介します。

〇MT4のライン

〇MT5のライン

MT5には複数の等間隔の垂直線が引けるサイクルラインと2点をつないでローソク足の本数、pips数、角度が把握できる矢印線が搭載されています。

〇MT4のフィボナッチ

〇MT5のフィボナッチ

フィボナッチも1種類増えています。

〇MT4の矢印類

〇MT5の矢印類

矢印類もMT5ではカラフルになり見やすくなっています。

 

ドッキング(チャートの切り離し)

MT5では「ドッキング」機能が備わっています。

こちらはMT4には無い機能でして、MT5ではチャートを切り離してMT5の外側に画面を移動させる事ができます。

チャートをメインウィンドウと切り離して表示させる事で、1台のパソコンに複数のモニターをつなげて、マルチモニター環境でトレードするトレーダーにとってはとても便利になりました。

 

アップデート

2020年7月現在、MT5は頻繁にアップデートが行われています。

2020年7月時点アップデート回数 0回 5回
2019年アップデート回数 0回 6回
最終アップデート 2017年5月 2020年6月

MT4に関しては開発元のMetaQuotes社は開発終了宣言をしており、MT5のアップデートに力を入れています。

2020年現在でもMT4のシェアが独占状態になっており、まだMT5の普及が進んでいないので、MetaQuotes社のMT5を普及させたい意思が伝わってきますね。

注意

MT4の開発がアップデートされていないからといって、今後使い物にならなくなるとかそういった意味ではありません。MT4は既に機能が充実しており、言ってしまえば「完成」しているという事なのです。MT5を普及させるために、より機能を充実させているだけです。

MetaQuotes社のホームページではMT4のダウンロードは提供を終了しており、MT5のみダウンロード可能になっています。

たぬき
MT4は使えないの?
TradeviewやXMなどの業者がMetaQuotes社に使用料を払って、自社のホームページから自社用にラベリングされてMT4を顧客に配布しているわけだね。
うなぎ

MetaQuotes社は自社で開発しているMT4やMT5をFX業者に使ってもらって収益を上げているので、MT5を普及して収益を増やしたいという目論見もあるわけです。

そのため、MT5を導入しているFX業者現状、大手FX業者の一部に限られているというわけです。

MT4でも使い勝手が良いのでFX業者としては、追加コストを払ってMT5を導入するまでのモチベーションは現状なく、MetaQuotes社は導入のためにアップデートに力を入れている構図なわけです。

 

注文方法

MT5では「Buy Stop Limit」と「Sell Stop Limit」というストップリミット注文が可能です。

ストップリミット注文とは、一定価格に到達した時に指値注文が入り、一定価格になった時に利確や損切を事前に入れられる注文方法です。

価格:1.26100
Stop Limit指値:1.26000

上記の例では、ポンドルの価格が1.26100に到達したら、10pips下の1.26000まで下がってきた時に買い注文が入るようになっています。

ストップリミット注文は上昇トレンド中にある価格に到達したら下がってきた押し目にて買い注文が入るように事前に設定ができる機能です。

たぬき
フィボナッチを使ってるトレーダーには重宝されている注文方法だそうです。

 

板注文

MT5では板注文も可能です。

FXだけではなく株式や商品の取引などの他の金融商品取引にて板注文に慣れているトレーダーにとっては、ありがたい機能ですね。

チャートを見ながら現在価格の〇〇pips下に即座に注文を入れたりなど、スキャルピングトレードに向いた注文方法です。

 

MT5が利用可能な海外FX業者

MT5が利用できる海外FX業者は一部の業者に限られています。

これまでMT4とMT5の違いとしてMT5の優れている点を紹介してきましたが、通常のトレードを行う限りではMT4で十分というのが多くのユーザーの感想なのです。

MT4の開発言語MQL4が広く浸透しているため、自動売買システム(EA)やカスタムインジケーターもまだまだMT4用に作られているものが多く、

MT5の開発元、MetaQuotes社が海外FX業者にMt5を導入してもらいたくても、まだまだ浸透していないのが実情です。

・FBS
・FXPro
・HotForex
・IFC Markets
・Land-FX
・BitForex
・TitanFX
・FXDD
・Tradeview
・XM

※2020年7月現在

 

MT4とMT5の違いまとめ

この記事ではMT4とMT5の違いについて解説しました。

最後にMT4とMT5の違いについてまとめておきます。

まとめ

・裁量トレーダーはMT5向け
・カスタムインジケーターや自動売買(EA)はMT4が豊富
・MT4のMQL4とMT5のMQL5は開発言語が違うので、まだまだMT4が一般的
・MT5を導入している海外FX業者あまり多くない
・MetaQuotes社はMT5の開発に力を入れている

以上となります。

記事内ではMT5の優れている点についてもたくさん紹介しましたが、短期売買のスキャルピング取引以外でしたらMT4でも十分です。

海外FXの口座開設時にMT5で口座開設をするとMT4が使えないので、自作のカスタムインジケーターやEAの導入を検討している場合はMT4で口座開設するのが良いでしょう。

まだまだ多くのトレーダーがMT4を利用しているのが実情です。

バリバリの裁量トレーダーはMT5一択となるでしょうね。

 

海外FXで裁量トレードをやられる場合はTradeviewがオススメです。

海外FXの中でトップレベルのスプレッドの広さと、損切注文を現在価格から1pips単位で置く事ができます。

Tradeviewに関しては以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
Tradeview(トレードビュー)はスプレッドが狭い海外FX業者!高評判のワケ。

続きを見る

-FX

Copyright© 海外FX会議室 , 2021 All Rights Reserved.