Tradeview

Tradeviewの仮想通貨での入金方法。Upholdのアカウント作成と連携。

この記事ではTradeviewの仮想通貨による入金方法について解説します。

海外FX業者のTradeviewは仮想通貨のウォレットサービスupholdを経由して仮想通貨による入金が可能です。

利用者の多いXMも一時ビットコインにより入金が可能でしたが、2020年2月現在はビットコイン入金ができなくなってしまいました。

2017~2018年頃の仮想通貨ブームの時に購入していて使っていない仮想通貨などがある方は、Tradeviewの仮想通貨入金が向いているかもしれません。

おおまかな流れ

upholdに仮想通貨を送金 → 円に換金 → Tradeviewに入金

仮想通貨による入金方法を順番に説明していきます。
うなぎ

Tradeviewにクレジットカードにて入金される場合は、以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
Tradeview(トレードビュー)のクレジットカードによる入金方法

続きを見る

 

Upholdのアカウント開設方法

まずはTradeviewの管理画面からupholdにアクセスします。

会員ページより「入出金」のタブを押します。

tradeview仮想通貨

Eウォレットを選択します。

tradeview仮想通貨

upholdが表示されているので、選択します。

tradeview仮想通貨

入金ができない国の一覧が表示されています。「閉じる」を押します。

tradeview仮想通貨

「送信する」を押します。

tradeview仮想通貨

upholdのログイン画面になります。

まだUpholdのアカウントをお持ちでないと思うので、「Create an account(=アカウントを作成する)」を押します。

tradeview仮想通貨

tradeview仮想通貨

PASSWAORD:大文字、小文字、数字を含めた8ケタ
ACCOUNT TYPE(口座種類):an individual(個人)を選択

 

次に名前と生年月日を入力します。

tradeview仮想通貨

Check your email now(=メールをチェックしてください)と以下のように表示されます。

uphold仮想通貨

入力したメールアドレス宛にUpholdから確認のメールが届いているので、確認します。

メール内の『Verify(=認証する)』をクリックします。

uphold仮想通貨

これでUpholdのアカウント開設が完了しました。

 

アカウントの認証と資金の入金

注意

Upholdのアカウント認証と資金の入金はどちらが先でも大丈夫です。アカウント認証が完了しないとUphold→Tradeviewに資金移動ができないので、必ず行います。アカウント認証には身分証などが必要ですが、アプリですぐに認証が完了します。このブログ記事では先に入金を済ませたので入金から解説します。

先ほどのVerify(=認証する)のボタンを押してアカウント開設が完了すると以下の画面に切り替わります。

『Fund my account(=資金を入金する)』を押します。

uphold仮想通貨

 

入金方法一覧が表示されます。

『FUND with Cyptocurrency or Utility Token(=仮想通貨による入金)』を選択します。

uphold仮想通貨

入金可能な仮想通貨一覧が表示されます。

希望の仮想通貨を選択してください。このブログではイーサリアムに入金を行ったので、イーサリアムの場合で解説します。
(他の仮想通貨を選択しても入金方法はほぼ同じです。各通貨の送金方法は別途お調べください)

uphold仮想通貨

 

「GENERATE ADDRESS(=アドレスを生成する)」のボタンを押します。

uphold仮想通貨

 

入金専用のアドレスが生成されます。表示されたアドレスに仮想通貨を送金するだけで入金が完了します。

uphold仮想通貨

イーサリアムアドレスもしくはQRコードから仮想通貨の送金を行いました。

しばらくすると管理画面に入金した分の円建て残高が表示されます。

uphold仮想通貨

上記の例では5ETHを送金したので、送金時のレート、144,919.59円が表示されています。

これで仮想通貨による資金の入金は完了しました。

続けてアカウントの認証を行います。

管理画面トップの『BECOME A VERIFIED MEMBER(=認証メンバーになる)』を押します。

uphold

英語表記にて住所を入力します。

uphold

パスポートの身分証をカメラにて提出します。

以下のインストラクションが出るのでQRコードを読み込みます。

ポイント

QRコードがうまく読み込めなかったり、サイトにうまく飛ばない場合は、Google PlayやApp Storeから『Uphold』のアプリをダウンロードして身分証の提出を済ませても構いません。アプリをダウンロードした方が早いかもしれません。

インストラクションに従って

・パスポート写真
・自分の顔

の写真をスマホから撮影します。提出が完了すると、『Processing your ID document(=あなたのID書類を確認しています)』と表示されます。

早ければ5分ほどでupholdからメールが届きます。

以下のメッセージが届けば、アカウントは正常に認証されたという事です。

uphold

これで資金の入金とアカウントの認証が完了したので、upholdからTradeviewに資金の入金ができます。

 

TradeviewからUpholdにアクセス

再び、Tradeviewから「入出金」→「Eウォレット」→「Uphold」をクリックします。

Tradeviewとupholdの連携の確認が画面が出ると思います。

「Authorize(=許可する)」を押します。

Tradeviewの管理画面からupholdに接続されます。

日本円の残高が表示されているので、送金したい金額を入力して『Deposit』を押します。

Transaction Result(取引結果)がCompleted(=完了)と表示されればTradeviewへの入金は完了です。

のちほどupholdからも資金移動完了のお知らせが届きます。

これでupholdからTradeviewへの入金は完了です。

 

 

Tradeviewへの仮想通貨による入金方法のまとめ

Tradeviewへの仮想通貨による入金方法の解説は以上となります。

最後にupholdからTradeviewへの流れについてまとめておきます。

まとめ

・upholdのアカウントを作成
・upholdへの仮想通貨の入金とアカウントの認証
・Tradeviewの入金画面からupholdにアクセス
・希望の入金額を指定してDeposit
・upholdの資金がTradeviewの口座に移動する。

以上となります。最後までお読み頂きありがとうございます。

-Tradeview

Copyright© 海外FX会議室 , 2021 All Rights Reserved.