Tradeview

Tradeview(トレードビュー)に関するまとめ記事

この記事では海外FX業者Tradeview(トレードビュー)に関するまとめ記事です。

Tradeviewは2003年より運営を続けている老舗のFX業者です。Tradeviewの特徴は何よりも、「超低スプレッド」を実現しており、約定力に定評があります。

トレードに関する制限は一切ないので、スキャルピングや高速取引も認められており、中上級者のトレーダー向けの業者と言えるでしょう。

一方で、XMやGEMFOREXのように日本人向けのサービスが拡充しているわけではないので、情報も少なくしとっつきにくいかもしれません。

こちらの記事にTradeviewに関する内容をまとめていますので、参考にされてください。

 

TradeviewのFX業者の特徴については以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
Tradeview(トレードビュー)はスプレッドが狭い海外FX業者!高評判のワケ。

続きを見る

上記の記事でも解説していますが、TradeviewはAブックのFX業者です。

Tradeviewが顧客からの注文をリクイディティプロバイダー(金融機関)に直接投げてマッチングさせています。Tradeviewはスプレッドや取引手数料にて利益を上げているので、顧客が勝てば勝つほどTradeviewとしても収益が上がるので、顧客と業者が同じ方向を向いていると言えます。

顧客が勝てば勝つほどFX業者が損をするBブックの業者とは異なるため、海外FX利用時に心配な出金拒否や顧客を不利にする行為なども心配もありません。

 

Tradeivewの口座開設の方法は以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
Tradeview(トレードビュー)の口座開設方法

続きを見る

一般のトレーダーがTradeviewにて口座開設をする場合は、

「メタトレーダー4 Leverage(スタンダード口座)」
「メタトレーダー4 Innovative Liquidity Connector(ECN口座)」

のどちらかになるかと思います。

スタンダード口座の場合は、0.01ロットからポジションと持つ事が可能でレバレッジが500倍。一方のECN口座は0.1ロットからポジションを持つ事が可能でレバレッジが200倍です。ECN口座はその代わりスプレッドが非常に狭く取引手数料を支払うという特徴があります。

通常のトレードであれば、スタンダード口座。
スキャルピングであれば、ECN口座。

という棲み分けで良いかと思います。

 

Tradeviewのクレジットカードによる入金方法は以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
Tradeview(トレードビュー)のクレジットカードによる入金方法

続きを見る

Tradeviewの仮想通貨による入金方法は以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
Tradeviewの仮想通貨での入金方法。Upholdのアカウント作成と連携。

続きを見る

Tradeviewのbitwalletによる入金方法は以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
bitwalletからTradeviewに入金する方法

続きを見る

 

Tradeviewでは銀行送金も可能ですが、海外への銀行への海外送金になるため送金手数料が高くついてしまいます。

日数も数日から1週間程度かかってしまうので、銀行送金は少しハードルが高いかもしれません。

XMやGEMFOREXのように日本人を多く抱えている業者であれば、国内の銀行振込を対応にしていますが、Tradeviewは対応していません。無駄なコストがかかるという点もあるかと思います。

そのため、クレジットカードやbitwallet、仮想通貨などの電子決済による入金をオススメします。即時反映されるからです。

Tradeviewの出金方法とルールについては以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
Tradeviewの出金方法と出金ルールのまとめ。1番得な出金方法はbitwallet

続きを見る

Tradeviewは口座開設時だとレバレッジが100倍になっているので、レバレッジ変更の申請をする必要があります。

レバレッジ変更の申請方法については以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
Tradeviewのレバレッジ変更方法

続きを見る

 

入金とレバレッジの変更が完了したら、いよいよ取引環境を整える段階かと思います。

MT4nダウンロードとパスワードの変更方法に関しては以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
TradeviewのMT4ダウンロード方法とパスワードの変更方法

続きを見る

 

-Tradeview

Copyright© 海外FX会議室 , 2021 All Rights Reserved.