EA(自動売買)

VPSを提供している海外FX業者まとめ。条件を満たせば無料利用が可能。

この記事ではVPSを提供している海外FX業者を紹介します。

海外FXにてEAを稼働しようと思うと、仮想サーバーで24時間EAを動かすためにVPSの契約が必須になります。

お名前ドットコムを代表とした日本のサーバー会社が月額1,500~2,000円程度でVPSのサービスを提供していますが、条件を満たせば、海外FXが提供しているVPSを無料で利用する事も可能です。

EAを利用しない場合でもトレードスタイルがスキャルピングの場合は、VPSからエントリーすると即座に注文が入るという利点もあります。

提供しているVPSサーバーがその海外FXと拠点が同じだからです。

たぬき
VPSが無料で利用できるなんて嬉しいサービスだね。
海外FX業者が提供しているVPSには諸条件があるので、今回の記事でチェックしてください。
うなぎ

 

VPSを条件付きで提供しているFX業者

注意

海外FX業者がVPSを無料で提供している理由は、もちろんFX取引です。無料で利用できるからといって、仮想通貨のマイニングをしたり、別のソフトを起動したりすると転送量が多くなり、バレてしまう事もあるかもしれません。ほどほどにしましょう。

 

GEMFOREX

 

無料条件 500,000円(5,000ドル)以上の残高
メモリ 1GB
稼働MT4数 1つ
CPU Core 2.4GHz
OS Windows2012

有料で利用する場合は、28ドル/月と少し高額のためお金を払ってGEMFOREXのVPSを利用するのであれば、お名前ドットコムデスクトップクラウド for MT4を利用する方が良いでしょう。

利点としては海外サーバーのため、スキャルピングのトレードなどをする場合はVPSサーバーが海外にある方が約定が早いのかもしれません。

GEMFOREXのVPSサービスはGEMFOREX自体が提供しているものではなく、外部のMerric Mirror Hosting.Inc社が提供しているものになります。

VPSサーバーは海外のものですが、日本語で対応してくれます。

たぬき
日本語対応しているのは使いやすいね!

XM

 

無料条件 5,000ドル以上の残高&5ロット取引/月
データセンター イギリス(ロンドン)
メモリ 1.5GB
容量 25GB
CPU 600 MHz
OS Windows2012

XMも有料で利用する場合は、28ドル/月と少し高額です。

XMのVPSはBeeksFX社が提供しています。利用する場合はBeeksFX社より直接英語にて連絡がくるため少しハードルが高く感じますが、利用自体は簡単にできます。

こちらもVPSサーバーが海外のため、約定力が高いと言われています。

有料で利用する場合は利用料28ドル/月は、口座残高より自動で引かれるので別途支払いなどは不要です。

たぬき
XMの紹介ページでは「稲妻並みの高速接続による素早い取引執行」と表現されています。

 

XMのVPS申込方法に関しては以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
XMのVPS申込み方法と解約方法。条件を満たせば無料で利用が可能。

続きを見る

 

TradersTrsut

TradersTrustのVPSサービスは3種類用意されています。

〇ブロンズ

無料条件 口座残高2,000ドル以上&5ロット取引/月
容量 25GB
RAM 1300MB
OS Windows2012/2008
有料の場合 月額28ポンド~

〇シルバー

無料条件 口座残高3,000ドル以上&7ロット取引/月
容量 50GB
RAM 2700MB
OS Windows2012/2008
有料の場合 月額45ポンド~

〇ゴールド

無料条件 口座残高5,000ドル以上&10ロット取引/月
容量 75GB
RAM 5120MB
OS Windows2012/2008
有料の場合 月額80ポンド~

TradersTrustはECN口座の提供で定評の高いFX業者です。

TradersTrsutのVPSサービスはエクイニクス社 LD-4にてホストされている専用サーバーを利用しています。エクイニクス社は金融機関や取引所にサーバーを提供している事で定評のある会社です。

EAを複数稼働していて、スペックの高いVPSをお求めの場合は良いですね。
うなぎ

 

FBS

無料条件 1か月目:450ドル以上の入金、2ヵ月目:3ロット取引/月
データセンター 国を選択可
容量 60GB
RAM 4096MB
OS Windows2012 R2
有料の場合 33ドル/月

FBSのVPSサービスは無料で利用できる条件が比較的易しいのが特徴です。

約5万円の入金にてVPSを1か月利用できて、2ヵ月目以降も3ロット取引という条件なので、頻繁に取引を行うトレーダーには達成しやすい条件です。

自宅のパソコンで取引を行うよりもロンドンのサーバーを選択してVPS内で取引を行う方がレイテンシー(遅延)が起きにくいので条件を満たしている場合は利用すると良いかもしれません。

たぬき
かなり条件が緩くVPSが利用できる点が良いですね。

IronFX

無料条件 5,000ドル以上の入金&5ロット取引/月
メモリ 2GB
容量 30GB
CPU 2.4GHz Intel Xeon
OS Windows2012 R2
有料の場合 30ドル/月

IronFXはXMやGEMFOREXとほぼ同条件で5,000ドル以上の入金となります。

複数口座をお持ちの場合はすべての口座を合算して5,000ドル以上&5ロット取引/月の条件を達成していれば、VPSを無料で利用できます。

メモリが2GBあるので複数EAを稼働できますね。
うなぎ

まとめ

この記事では条件を満たせば無料で利用できる海外FX業者について解説しました。

再度の注意ですが、海外FX業者がVPSを無料で提供する理由はFX取引のためです。条件を満たさずお金を払って利用している場合でも、XMのように他者サービスを正規料金より安く利用できたりします。

そのため無料で使えるからといってFX取引をせずに他のソフトを利用するために使っていると締め出されてしまうかもしれません。

海外FXのVPSは約定力が上がると言われているので、条件を満たしている場合は普段の取引から利用してみても良いかもしれませんね。

 

EAを複数稼働させたい場合、MT4の動作を軽くしてCPUの負荷を下げてあげると良いです。

MT4の動作を軽くする方法に関しては以下の記事をご覧ください。

MT4の動作を軽くする方法に関しては以下の記事をご覧ください。

詳しく見る
MT4が重い時の対処設定。動作を軽くする方法。

続きを見る

-EA(自動売買)

Copyright© 海外FX会議室 , 2021 All Rights Reserved.